平成27年6月に、光機能化処理設備を導入いたしました。

チタンのインプラント表面に、特殊な波長の紫外線を照射すると、チタンに水や血液の濡れが向上することがわかっています。(実証実験済)(表面になじみやすく、骨統合が向上します。)

最新の機器では、照射時間10分で完了できますので、手術前にすべてのインプラントに、光照射しています。
これにより、骨との結合が、より強固になります。

当院では、術後に超音波の照射をして、骨の治りを、60%早める処理も行います。