2017年7月23日、日曜日、13:30開場、14:00開演、会費¥2000、主催:サロンコンサート協会

プログラム
クララ・シューマン : ヴァイオリンとピアノのための3つのロマンス
ブラームス : ヴァイオリンソナタ第3番
ピアソラ : タンゴの歴史
その他

阿佐 聖姫子(あさ せいこ)/ヴァイオリン
4歳よりヴァイオリンを始める。
桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)を経て、桐朋学園大学音楽学部卒業後、ドイツへ渡欧し、2017年3月にニュルンベルク音楽大学大学院修士課程弦楽器科を首席修了。
2009年、第17回プロムナードコンサートにて、守山俊吾指揮エウフォニカ管弦楽団と共演。
2011年、第16回高槻音楽コンクールにて第1位受賞と共に、高槻市長賞、高槻市コンサート協会賞を受賞。
2015年、横島勝人指揮関西フィルハーモニー管弦楽団と共演。
同年8月、ミュンヘン国際音楽セミナーの室内楽部門に奨学生として参加。
同年12月、フェニックスホールにてソロリサイタルを開催。
2016年7~9月、ドイツ・バイエルン州のオーケストラ研修生に選ばれホッファーシンフォニカー、バッドライヒェンハラーフィルハーモニーの2つのオーケストラにて研鑽を積む。
いずみホールや中之島中央公会堂をはじめとする様々なコンサートホールでの演奏の他、サロンコンサートやホームコンサート、教会コンサート、福祉施設コンサートなど国内外で多数のコンサートに出演。
日本、イタリア、ドイツを始め、国内外の様々なマスタークラスや音楽祭にて著名な演奏家の指導を賜る。
これまでに、ヴァイオリンを参納悦次郎、西和田祐、原田幸一郎、バレリー・ルービンの各氏に師事。
室内楽を毛利伯郎、ディルク・モメルツ、ベルンハルト・シュミットの各氏に師事。
2017年3月、ドイツから帰国後、関西を拠点に演奏活動を行っている。
同年4月より桐朋学園大学音楽学部附属子どもの為の音楽教室(茨木教室)非常勤講師。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

瀧本 裕子(たきもと ゆうこ)/ピアノ
4歳からピアノを始め、乾紀代美、加藤よしこ、宮下直子、伊藤恵、新井博江、各氏に師事。
第15回和歌山音楽コンクール第1位。第62回全日本学生音楽コンクール高校の部大阪大会入選。第12回大阪国際音楽コンクールAge-U部門第1位、同時にフォイリッヒ・ピアノギャラリー賞、ロードススカラシップ受賞。
桐朋学園大学ピアノ科成績優秀者に選抜され、卒業演奏会(浜離宮朝日ホール)に出演。
2014年秋ドイツ・ニュルンベルク音楽大学大学院に入学し、ヴォルフガング・マンツ氏に師事。
同大学で行われたスタインウェイピアノコンクールにて第1位。
在学中、ウクライナ・ハルキウ芸術大学オーケストラとピアノ協奏曲を共演。
2016年9月同大学院修士課程を優秀な成績で修了し、帰国。ピアノ講師として指導を行うととも に、ソロ、室内楽など幅広く活動中。