兵庫県姫路市の藤原歯科クリニックです。安全なインプラント植立、訪問診療、口臭治療、重症歯周病、難症例総義歯、審美歯科、アマルガム除去、ホワイトニングもご相談ください。

金属アレルギー治療

  • HOME »
  • 金属アレルギー治療

金属アレルギー治療

■金属アレルギーとは?

金属そのものは身体に無害ですが、汗や唾液などによって金属がイオン化すると、金属の成分が皮膚を通して体内に入っていきます。金属アレルギーだという自覚はなくても、夏などに汗をかいたあと、アクセサリーや時計、ベルトのバックル、ジーパンの金具、眼鏡の金属部分など、肌に触れていたところが赤くなったり、かゆくなったりした経験がありませんか?
皮製品に敏感な人は、Cr(クローム)アレルギーの可能性があります。皮をなめす際に使うCrが、皮製品に残留しています。
体内に取り込まれた金属イオンは、身体の中にあるたんぱく質と結合します。この「金属+たんぱく質」という新しい物質を身体は「異常なもの」と認識し、次に同じ金属が体内に入ってきてたんぱく質と結合した時に、身体がこの「金属+たんぱく質=異常なもの」を攻撃し、同時に皮膚や粘膜を破壊してしまうこと。これが金属アレルギーのメカニズムです。

■金属アレルギーの症状

アレルギーでは、多くの場合、発赤、かゆみが現れます。はじめは、原因、たとえばピアスのまわりに限局して症状が現れます。ひどくなると、全身に症状が出て、何が原因かわかりにくくなります。
手のひら、足の裏、背中など全身に、ニキビ状の病変が現れて、はげしいかゆみに襲われます。しょうせき膿胞症とよばれる状態です。

■歯科金属アレルギー治療について

口の中は常に一定の温度に保たれ、しかも常に湿っています。高温で多湿な環境に金属を置いておくと、錆びたり劣化したりするのは想像できると思います。それと同じ状況が、あなたの口の中でも起こっている可能性があります。

皮膚科で金属アレルギーのテストをおすすめします。アレルギーのある金属を、使わないように治療方針を立てます。
敏感な人の場合、まれに純金にさえアレルギーが存在します。
そんな場合には、チタンを使うか、金属を一切使わない方法で治療します。レジンや、セラミックを使います。
チタンには、アレルギーはありません。

いまでは、メタルフリー(金属を使わない)治療が普通になってきました。
包丁でも作れるような、丈夫なセラミックが現れ、しかも、歯の形に精密に加工する技術が開発されています。
オールセラミックという、丈夫ですばらしく美しい冠がふつうに作れるようになっています。

以前は、メタルボンドという方法(貴金属に七宝焼きのように、セラミックの粉末を盛り上げて焼成してつくります。)
その欠点は、セラミックが弱くて欠けやすいこと、金属の色がとくに歯肉のきわに透けて、黒くなることです。

もうオールセラミックの時代に入っています。

■アマルガムの除去

アマルガムという歯科用合金について、ご存じですか?水銀を50%も含む詰め物です。簡単にその日のうちに詰めることができるため、怖がる子供によくつかわれてきました。

水俣病の原因が水銀です。なるべく早く、除去して、安全な詰め物に替えることをお勧めいたします。
詳しくは、左の「アマルガム除去」の欄をごらんください。

もうオールセラミックの時代に入っています。

ハニ・イイワヨ 予約優先 訪問診療可 TEL 079-282-1104 08:30~12:30 / 13:30~17:00 木曜・日曜・祝祭日を除く

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Copyright © 藤原歯科クリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.