兵庫県姫路市の藤原歯科クリニックです。安全なインプラント植立、訪問診療、口臭治療、重症歯周病、難症例総義歯、審美歯科、アマルガム除去、ホワイトニングもご相談ください。

精密な治療

  • HOME »
  • 精密な治療

 

■拡大鏡(ヘッドルーペ)

むし歯と健康な歯の境目を見極めながらむし歯を削るときや、詰め物やかぶせ物と歯の間に、ほんのわずかなすき間や段差も生じないように治療するときなど、歯の治療は非常に繊細な技術が必要になります。
肉眼では見えないような、ほんの少しのむし歯の削り残しや、反対に削りすぎ、詰め物と歯のすき間といったところから、むし歯が再発してしまうことがあります。
最新の知識や機器、技術があっても、ちゃんと見えていなければ確実な治療を行なうことはできません。人間の肉眼では見えないような細かい治療を確実に行なうために、当院では、2.5倍の倍率で口の中を見ることができる拡大鏡(ヘッドルーペやテレスコープとも言われます)を使っています。
患者さんの口の中を肉眼で見るのと拡大鏡で見るのとでは、見え方がまったく違います。精密な治療を行なうために、拡大鏡は欠かせないと実感しています。

生米に般若心経を、毛筆で欠ける人もあります。
見えてさえいれば何とでも手は動かせます。 当院では、2.5倍の拡大鏡を、常時使っております。

■マイクロスコープ(歯科用実体顕微鏡)

アメリカでは、拡大鏡やマイクロスコープを使って行なう歯科治療が浸透し、一般化していますが、日本では拡大鏡を使う医院はあっても、マイクロスコープを使用している医院は、まだ数%にとどまるそうです。

どんなに集中したとしても、またどれだけ歯科医としての経験を積んでも、肉眼での治療には限界があります。歯科では、数ミクロンという単位での治療を行なうからです。
マイクロスコープを使うと、口の中を6~32倍の大きさで見ることができます。より正確でより精密に、そしてより安全な治療を行うために、当院では歯の根の治療の困難な場合に、幅広くマイクロスコープを使用しています。さらに、素晴らしいことにマイクロスコープでは、全く影のない素晴らしい立体映像で観察できます。

マイクロスコープと、ミラーテクニックによって大臼歯の根の先端付近まで、立体的にまる見え状態で治療できます。

大臼歯の歯根の先端部分に折れ込んだリーマーの破折片を、何例も取り除いてきました。マイクロスコープなしでは出来なかったことです。

ハニ・イイワヨ 予約優先 訪問診療可 TEL 079-282-1104 08:30~12:30 / 13:30~17:00 木曜・日曜・祝祭日を除く

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Copyright © 藤原歯科クリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.