10307243_10151995250340836_1194454208267366393_n

2014年7月27日、日曜日、13:30開場、14:00開演

眞田 彩 SANADA Aya (ヴァイオリン)
東京藝術大学音楽学部附属音楽高校在学中、『ブラビシモ・クラシカ2001』でコンクール参加者700名の中から最優秀アーティスト賞(1名)に選ばれる。2003年ロンドンで21歳以下のヴァイオリニストに贈られる『The Royal Philharmonic Society Emily Anderson Prize』を日本人歴代2人目として満場一致で授与、Arimathea Charitable Trustから奨学金を毎年受ける。マキシム・ヴェンゲーロフとのマスタークラス(生徒役)のDVD発売。2007年英国王立音楽院ヴァイオリン科首席卒業、The Vice Principal’s Special Award 2007、Benjamin Dale奨学賞授与。2011年林野庁国際森林年推進事業番組BSフジ・181CH挿入曲を演奏。2012年郷の音ホールニューイヤーガラ・コンサートで藤岡幸夫指揮関西フィルハーモニー管弦楽団と共演、NHK大阪放送局『NHK-FM名曲リサイタル』に出演、京都西山浄土宗総本山光明寺で暁天講座講師。2013年協同組合・大阪有名大店会の研修会講師、モルドヴァ共和国の首都キシナウで開催されたArt Goya International Festival Queen Violin 2013に招待出演。新潟妙高笹ヶ峰音楽祭に毎年出演。三田市在住。

深井 千聡 (ふかい ちさと) / ピアノ
兵庫県立西宮高校音楽科、京都市立芸術大学音楽学部、同大学院を修了。
ハノーファー音楽演劇大学を経て、ザルツブルク・モーツアルテウム音楽大学大学院を満場一致の
最優秀にて修了。さらにポストグラジュエート課程にて研鑽を積む
同大学在学中にオーケストラコンサートにおいてソリストとして、デニス・ラッセル・デイヴィス指揮、
モーツアルテウム大学オーケストラと共演。
ザルツブルク・サマーアカデミー、ライプツィヒ・メンデルスゾーンアカデミー等に参加。選抜者コンサートに出演。飯塚新人音楽コンクール入選、神戸芸術センター記念ピアノコンクール入選。
パドヴァ国際音楽コンクールピアノ部門第1位(イタリア・パドヴァ)。
スクリャービン国際ピアノコンクール第2位(フランス・パリ)。
これまでに、梅原幸子、奥村智美、片岡みどり、岡田敦子、松田康子、Gerrit Zitterbart、
Christoph  Lieske、Pavel Gililovの各氏に師事。歌曲伴奏法を、Jan Filipp Schulze氏に師事。
現在、大阪成蹊短期大学ピアノティーチングアシスタント。大阪芸術大学伴奏要員。
2013年度より、三田市総合文化センター郷の音ホールレジデンシャルアーティストとして活動している。

プログラム
モーツアルト:ピアノとヴァイオリンのためのソナタ Opa、KV301、KV302、KV304、KV305
ベートーヴェン:ピアノとヴァイオリンのためのソナタ 第5番 「春」
ショパン:幻想即興曲 (ピアノソロ)
サラ・サーテ:チゴイネルワイゼン
ラフマニノフ:ヴォカリーズ
マスネ:タイスの瞑想曲
べラ・バルトーク:ルーマニアンダンスhukai chisato sanada aya