2008年8月2日(土)
19:00開演 入場料2,000円 (一律)

●プロフィール●
幣 隆太朗(へい りゅうたろう)- コントラバス
Ryutaro Hei幣 隆太朗
11歳よりコントラバスを始める。 1999年兵庫県立西宮高校音楽科卒業。1999年東京芸術大学入学。在学中にNHK交響楽団を始め、東京主要オーケストラにエキストラとして出演。2001年に渡独。2002年ドイツ、ヴュルツブルク音楽大学入学。
2004年DAAD外国人のための学内コンクールで1位となり、奨学金を授与。2005年ヴュルツブルク音楽大学デイプロマの試験を最高得点で卒業し、同校の大学院(マイスタークラス)に入学。2005年ベルリン国立歌劇場アカデミーの試験に合格し、首席指揮者ダニエル・バレンボイムの下、オーケストラの一員として研讃を積む。2008年から、首席指揮者ロジャー・ノリントンのシュトゥットガルト放送交響楽団に入団。
コントラバスを奥田一夫、河原泰則、永島義男、南出信一、村上満志、山本修、Mathias Winklerの各氏に師事。
現在はヴュルツブルク音楽大学にて同大学教授の文屋充徳氏に師事。

Young-Ah Kim (ヨンアー・キム) - (ピアノ)
cysC9Young-Ah Kim
韓国釜山市出身。
1996年、釜山市音楽高等学校卒業。2000年、ソウル国立大学音楽科卒業。2004年、
同校の’Master of Music’ 卒業。2005年、ドイツ、ヴュルツブルク音楽大学デイプロマの試験を最高得点で卒業し、同校の大学院(マイスタークラス)に入学。2006年、DAAD外国人のための学内コンクールで1位となり、奨学金を授与。2007年、マイスタークラスの修了試験を審査員の満場一致で合格し、ピアノマイスターの称号を得る。2007年10月より、ドイツケルン音楽大学、歌曲伴奏科に入学。
これまでに、韓国国内で、Kyung-Hyang Journalピアノコンクールを始め、数々のコンクールで1位を獲得。2006年にはフランスシャトー国際ピアノコンクールで3位及び武満徹賞受賞。
これまで韓国、ドイツ、フランス、イタリア、オーストリアで、演奏活動を行っている。
これまでにピアノを、Prof. Won-Bok Kim、Prof. Key-Suk Seo、Prof. Bernd Glemserに、歌曲伴奏法をProf. Juergen Glauss氏に師事。

●プログラム●
演奏者 コントラバス 幣 隆太朗 ,    ピアノ Young-Ah Kim

①:G.Bottesini    Elegie
ボッテシーニ   エレジー
②:G.Bottesini     Capuriccio di Bravura
ボッテシーニ    カプリッチョ ディ ブラヴーラ
③:S.Rachmaninov    Vocalise
ラフマニノフ      ヴォカリーズ
④:J.M,Sperger    Konzert  D-dur No.15
シュペルガー     協奏曲第15番 ニ長調

休   憩

⑤:K.Reiner     Sonata
ライナー      ソナタ
⑥:N.Rota     Divertimento  Concertante
ニーノ・ロータ   ディベルティメント コンチェルタンテ