幸田さと子ヴァイオリンリサイタル
【2012年9月9日(日)14:00開演】
入場料3,000円
(手作りケーキ、コーヒーつき)
会場:南風会サロン(姫路アパホテルのすぐ北、藤原歯科の2階)
地図は、http://www.82-1104.jp/accessmap お問い合わせ、お申し込みは
m82-1104@peace.ocn.ne.jp TEL;079-282-1104,FAX:079-282-0262

幸田さと子ーヴァイオリン
satoko042大阪に生まれ、3才からヴァイオリンを始める。1981年、全日本学生コンクール小学校の部で、西日本第1位入賞。1983年、同コンクール中学校の部で、西日本第3位入賞。1984年、ポーランドのヴィニアウスキー・ジュニア・ヴァイオリン・コンクールで、テレマン特別賞を受賞。1989年、日本モーツァルト・コンクール入選。1993年、東京芸術大学を卒業。これまでに、久合田緑、原田幸一郎、宗倫匡、東儀幸、小栗まち絵、フェリックス・アーヨの各氏に師事。1996年、東京、大阪、京都でのリサイタルが高く評価されて、青山音楽賞を受賞。1999年3月、「川の流れのように/美空ひばり・オン・ヴァイオリン」と「バザンのロマンス/ヴァイオリン名曲集」の2枚を同時リリースして、日本コロムビアよりCDデビュー。 特に「美空ひばり・オン・ヴァイオリン」は大きな話題を呼び大ヒット、同年日本レコード大賞企画賞を受賞した。クラシックの作品だけでなく、「21世紀に残したい歌」や「聞かせてよ愛の言葉を~シャンソン・オン・ヴァイオリン」など、意欲的なプログラムに取り組んでいる。2001年2月、「大阪市咲くやこの花賞」受賞。2002年3月、「愛のヴァイオリン」を発売。2003年1月、「日本の抒情」発売。200312月、「幸田聡子plays五木ひろし」をファイブスエンターテーメントより発売。これまでにアルバム12タイトルを発表。2005年6月、クラウンレコードに移籍「スイートメモリーズ satoko violin」を発売。現在、神戸市室内合奏団ヴァイオリン奏者としても活躍中。

田口友子(たぐち ゆうこ)-ピアノ
rt相愛音楽教室、相愛高校音楽科を経て相愛大学音楽学部器楽学科卒業。
同大学ピアノ研究科修了。
第8回同大学主催コンチェルトの夕べに出演。
第18回摂津音楽祭伴奏賞
第19回京都芸術祭優秀協演賞受賞。
’97年スペイン・トロエッラ音楽祭に出演、同音楽祭サマーセミナーのF・アーヨ氏(Vn)のクラスの伴奏ピアニストを務める。
相愛大学演奏助手、大阪芸術大学伴奏要員を務める。
これまでに澤村千栄子、向井滋子、金久万利子氏に師事。
現在、相愛大学非常勤講師。


チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
夜霧よ今夜も有難う
川の流れのように  他