2015年8月2日、日曜日、13:30開場、14:00開演、主催:サロンコンサート協会、
会費2000円

プログラム;ベートーヴェンのクロイツエルソナタ後半はチェロのオーソーキンさん(木下真希さんの夫)が加わって、ブラームスのピアノ三重奏ハ長調の予定です。

Yuka Sato1佐藤友香(さとうゆか)/ヴァイオリン

名古屋出身。これまでに全日本学生音楽コンクール名古屋大会、横浜国際音楽コンクール他数々のコンクールで優勝又は入賞。15歳で渡米、アメリカのウォールナットヒル芸術高校、ニューイングランド音楽院卒業、オランダのハーグ王立音楽院の修士課程を満点の首席で卒業。留学中、野村国際文化財団より芸術文化助成受領。2005年、兵庫芸術文化センター管弦楽団に最年少コアメンバーとして入団。兵庫芸術文化センター管弦楽団、ボストンチェンバーオーケストラなどのオーケストラやアンサンブルとコンチェルトを協演。(財)地域創造の音活フォーラムに弦楽四重奏一員として参加。2011年ナンシーゼルツマンマリンバフェスティバル(Appleton, WI)にゲストアーティスト、ゲストスピーカーとして招聘。新曲の開拓にも意欲的でウェイチェ・リンのヴァイオリン独奏のための「ウィ―ブ」をニューヨークのカーネギーホールで演奏する他、第2次世界大戦にてナチスの犠牲者となったマーセル・ティバーグの弦楽六重奏を初演。その演奏はBuffaloNews紙に「厳粛で引き付ける演奏」と称賛される。

これまでにヴァイオリンを森下陽子、渡邊穣、森悠子、故マリルー・チャーチル、ジェームス・バズウェル、ヴェラ・ベスの各氏に師事。2015年よりノルウェーのクリスチャンサン交響楽団の契約団員。www.yukasatovln.com

エフゲニー・オーソーキン(Evgeny Osokin)/チェロefugeny osokin
モスクワにて生まれ、幼少の頃より祖母の手ほどきによりチェロを習い始める。7歳でモスクワ音楽院付属中央学校に入学、13歳にてイギリスに渡りメニューイン音楽院にて学ぶ。ヨーロッパ、ロシア各地の国際コンクールに入賞し、モスクワ州立交響楽団、ヴォルゴグラード交響楽団、オビエド室内楽団などと共演。ギルドホール音楽院卒。PMFオーケストラアカデミーにて首席チェロを務めたほか、シンガポール交響楽団やジャージー室内楽団への客演首席チェリストとして公演に参加。現在、関西を拠点に演奏活動を行っている。

 

 

 

headshots - Yoko Kida木田陽子(きだようこ)/ピアノ 東京芸術大学器楽科ピアノ専攻を卒業後渡米。ロンジー音楽院(ボストン)修士課程及びディプロマ課程修了。ニューイングランド音楽院(ボストン)博士課程ピアノ伴奏科修了。同音楽院にて弦楽科伴奏ピアニスト及び伴奏科講師を勤める。10年に及ぶ在米期間では積極的な音楽活動を展開。アメリカや日本の他、カナダや南米、韓国やヨーロッパでも演奏活動を行った。また、タングルウッド音楽祭やカーネギーホール・ワークショップに研修生として招待されコンサートに出演。カーネギーホールでの演奏はニューヨーク・タイムズ紙及びニューヨーク・サン紙において賞賛された。これまでに加藤智子、渡辺健二、故ハリーナ・チェルニー・ステファンスカ、ヴィクター・ローゼンバウムの各氏に師事。2013年6月に帰国。兵庫県芦屋市に本拠を移し、意欲的な演奏活動を行っている。

お問い合わせ、お申し込は; メール、nanpuukai@gmail.comまたは、
FAX;079-282-0262
TEL;079-282-1104 藤原歯科クリニックまで。