2014年5月10日(土曜日)18:30開場、19:00開演

会費2,000円( 高校生以下 1.000円 )
会場:南風会サロン (姫路アパホテルのすぐ北、藤原歯科の2階)
主催:サロンコンサート協会

参加者申し込み先 -TEL:079-282-1104 / FAX:079-282-0262
Mail: nanpuukai@gmail.com

今木智彦ファゴットリサイタル、ピアノ:前田祐里 imaki&maeda 今木智彦(いまき ともひこ)/ファゴット

大阪府立夕陽ヶ丘高校音楽科、東京芸術大学、同大学院を経てスイス・ドムズ財団奨学生として カールスルーエ音楽大学大学院卒業。 大阪国際音楽コンクール他入賞。武生国際音楽祭、ラフォルジュルネ・オ・ジャポン、北九州音楽祭を始め 数多くの音楽祭、(財)地域創造主宰公共ホール活性化アウトリーチフォーラムなどに参加。 ジャパンアカデミーフィルハーモニックの創設に参加、同時に団長に就任。 2008年、東京でのファーストリサイタルを皮切りに日本、ドイツにてこれまでに多くのリサイタルを行う。 室内楽奏者としては木管五重奏団”さくら”のメンバーとして東京芸大室内楽定期演奏会に2年連続出演、 Freundenkreis-フロインデンクライス-室内楽コンクールにてトリオ・ダンシュで優勝。 2011年よりユーディ・メニューイン財団”ライブ・ミュージック・ナウ”、ピアノ・ヴァイオリン・ファゴットによる三重奏”Pivitto”のメンバーとして活動している。 これまでにファゴットを星野則夫、日名弘見、岡崎耕治、ギュンター・プフィッツェンマイヤー、 ダヴィッド・トーマスの各氏に、室内楽を三界秀実、小林裕、四戸世紀、水谷上総、山本正治、 エドゥアルド・ブルンネル、ヴォルフガング・マイヤー、トーマス・インダミューレ、ロベルト・ベンツの各氏に師事。

 前田祐里(まえだ ゆり)/ピアノ 
1998年ウィーン音楽コンクール・イン・ジャパンにて中学生の部1位ならびにウィーン市長賞を受賞。 2002年ドイツにて行われた”青少年のためのエトリンゲン国際ピアノコンクール”でファイナリストとなり ドイツ留学を決める。 菊里高校音楽科卒業後、すぐに渡独。翌年、マンハイム音楽大学ロベルト・ベンツ教授のクラスに入学。 2009年2月に満場一致の最優秀の成績で卒業。2007年青少年バルレッタ市国際ピアノコンクール(イタリア) にて1位ならびに古典ソナタ賞をモーツァルトソナタで受賞。2007年、2008年マッカーニョ市国際ピアノ コンクール(イタリア)にて1位なしの2位を二度受賞。同年10月にステファーノ・マリッツァ国際ピアノコンクール (トリエステ・イタリア)にて2位受賞。2009年ヴァイオリニスト岩城風佑とデュオ”ウィンター”結成、 同年8月にロヴェレドーロ国際コンクール青少年室内楽部門で1位受賞。 2013年1月マンハイム音楽大学ソリステン科を卒業、国家演奏家資格を取得。 2010年より、ニース国際ピアノコンクールでの審査員を務めている。 ***

プログラム;
ピエルネ : 演奏会用独奏曲
バッハ  : 無伴奏チェロ組曲より
サティ   : グノシェンヌ 第1番
ベートーヴェン : ヴァイオリンソナタ第5番「スプリング」 第1楽章
ショパン : 夜想曲 第20番 遺作
フォーレ : エレジー
エルガー: 愛の挨拶
パスクリ : ベッリーニへのオマージュ