兵庫県姫路市の藤原歯科クリニックです。安全なインプラント植立、訪問診療、口臭治療、重症歯周病、難症例総義歯、審美歯科、アマルガム除去、ホワイトニングもご相談ください。

オーリングテスト

  • HOME »
  • オーリングテスト

オーリングテスト

■オーリングテスト(O-Ring Test)とは

《患者さんの体にたずねる診断法オーリングテスト》

オーリングテストは、ニューヨーク心臓病研究所所長の医師、大村恵昭博士が考案した診断法の一種で、生体そのものをセンサーとして、生体内の情報を指の筋力変化から検出する方法です。
私は、25年来、日本オーリングテスト医学会の正会員です。

もともと、カイロプラクティックの世界で知られていた事実:すなわち;
歪んだからだに対して、
「歪みを大きくする方向に刺激すると、筋力が低下し、歪みを小さくする方向に刺激すると、全身の筋力が増大する。」
を、応用発展させて、

「生体そのものが極めて敏感なセンサーであり、体に合わない薬剤や素材を近づけたり、手に持たせたりすると、筋肉の緊張は低下する(筋力が減る)。
反対に、体に有効な薬剤や素材では筋肉の緊張が強くなる(筋力が強くなる)」という原理に基づいています。

その原理を応用発展させた診断法が、オーリングテストです。
大村教授によって、その診断法は、大きく発展拡張されてきており、知的所有権「特許」が認められました。

また、「身体の異常のある部分に触れたり、刺激を加えることでも、同様に筋力が低下する。」こともわかっています。

その後、ある患者さまに、異常な物質、例えば、ウイルスや、水銀、細菌、癌細胞などが存在する場合、その物質と同じ物質を近づけたり、手に持ったり、すればその患者様の筋力が極端に低下することがわかってきました。これが、病原物質の共鳴反応と呼ばれています。どのような異常物質が、その患者さまに存在するか、わかるようになりました。(存在証明) 
また、その患者さまのどの場所にその異常物質があるのかもわかります。

オーリングテストすることで、体の中の異常部分を発見したり、異常の原因となっている細菌、ウイルス、ガン、重金属などの種類を見分けたり、その分布を検出したり、患者さんに投与する薬剤の種類、分量などの適切な判断などに応用されています。

■基本的なオーリングテストの判定方法

1.患者さまの調べたい部位に、助手の持つ金属棒をあてて、助手のもう一方の手の親指と他の指で輪っか(オーリング)を作って術者がその指を引きます。
2.術者が、助手の指の輪っか(オーリング)を開こうとして、その指の力の強弱を判定します。
3.オーリングが開かない場合をプラス、開く場合をマイナスとして、大きく開くほどその部位に異常有りです。(異常部位の検出)
4.サンプル(たとえば水銀)を助手に持たせて、同様の検査をすると、患者さまのその部位に水銀が在るか無いかを調べることもできます。(存在の判定)
5. 薬剤が病気に有効か無効かの判定もできます。(効果判定)
6. その薬剤にアレルギーがあるか無いかも判定できます。
7. 術者と助手を、入れ替えることも可能です。

■科学的な診断治療+オーリングテストを行ないます

当院では、科学的根拠に基づいた診断と治療に加えて、オーリングテストを用いて、診断・治療を行なっています。
オーリングテストは世界40カ国で研究、臨床応用されている技術で、アメリカでは知的特許認可(1993年2月23日)が下りており、スウェーデンの医学部では必須科目となっています。「生体にたずねる」「無意識下の反応を見逃さない」オーリングの手法は、世界で認められつつある、診断・治療を選択する際の新しい基準と言えます。
薬を処方するときや、患者さんの体に合う歯科材料(歯の詰め物やかぶせ物の種類)を選ぶとき、詰め物やかぶせ物の形を整えるとき、かみ合わせをチェックするとき、どの歯から治療を始めるべきか考えるときなどに、これまでのように歯科医の経験則や好み、適当な判断ではなく、もう一つの根拠をもって選択することができるのです。

ハニ・イイワヨ 予約優先 訪問診療可 TEL 079-282-1104 08:30~12:30 / 13:30~17:00 木曜・日曜・祝祭日を除く

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Copyright © 藤原歯科クリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.