兵庫県姫路市の藤原歯科クリニックです。安全なインプラント植立、訪問診療、口臭治療、重症歯周病、難症例総義歯、審美歯科、アマルガム除去、ホワイトニングもご相談ください。

アマルガム除去

  • HOME »
  • アマルガム除去

アマルガム除去
少し前まで、小さなむし歯を削った後の詰め物に、「アマルガム」という詰め物がよく使われていました。
削ったあと、ぎゅっぎゅっとつめて、次の日にキュルキュル磨いた、銀色の(しばらくしたら、鉛色になる)詰め物がそれです。
このアマルガムという金属は、水銀を50%も含んでいます。(水銀の他には、銀34%、スズ9%、銅6%、少量の亜鉛を含んでいます。)
保険で認められた金属だから、水銀が含まれていても大丈夫なのでは?と思われるかもしれませんが、この材料は長い年月をかけて劣化していきます。ましてや口の中は、常に高温多湿で、酸やアルカリにさらされて、金属にとって過酷な環境です。
温度変化もあり、長年のうちにアマルガムは腐食し、溶け出た成分が体に吸収、蓄積していくといわれています。

明るい部屋で、鏡を使って口の中を見てみてください。
昔、むし歯治療をしたところに、黒ずんだ、または鉛色の小さな詰め物があったら、それはアマルガムかもしれません。

水銀は、ごく少量で、水俣病を引き起こすだけでなく、さらに微量でも、不定愁訴を引き起こすと言われています。

また、水銀が母乳に出て、あるいは血行性に、胎児に影響を与える可能性があることから、 イギリスやスウェーデンの厚生省では、妊婦にアマルガムの詰め物をしないように警告しています。

水銀は(水俣病の症状から想像できるように)神経組織につきやすく、アメリカでは、自分の子が自閉症で生まれたのは、自分の歯に水銀が詰められているせいだとして訴訟が行われています。

自閉症の患者様では、脳に、水銀や、ヒ素、鉛などの蓄積があり、亜鉛が欠乏しているといわれています。(毛髪のミネラル分析でそのような傾向があることが知られています。)

アマルガムは、簡単に詰めることができるため、以前は子供の歯科治療などで、よく使われていましたが、最近ではアマルガムに含まれる水銀の危険性を考慮して、だんだんと使われなくなってきています。

(アメリカでは、自然消滅を願って、歯科大学で、アマルガムの使用方法を教えないようにしているそうです。 政府が禁止すれば、訴訟がおきて大変なのでしょうね。)

私が歯学部に入って、教養部がすんで、歯学部の歯科医師の教授の授業が始まった、その最初の日に、口の中に水銀を詰めることの安全性について、手を挙げて質問いたしました。
教授の答えは、「世界的に、数十年来行われていることで、それによって病気になった患者も歯科従事者もおりません。 水銀は有毒でも、水銀化合物は別物です。」 というものでした。この人の責任でも無いかもしれないけど・・・という感じで、何かを証明するのは大変な労力が必要なのかなと、思いました。

昔、小学生のころ水道管の工事を見物していた時、水道管が鉛でできており、それは曲げたり、継いだりの加工が簡単ですが、鉛の管の中を通ってきた水を飲み続けることは、人体に有害ではないのですかと、職人さんにたずねましたが、さーね、という反応で、この人の責任範囲ではないことに思い至りました。そのことをこの教授に対して思い出したものです。

私の中学校の理科の先生が、「トリチェリーの真空」を生徒に理解させるために、時計皿に水銀を入れて、80cmもの長さの試験管に水銀を満たして、親指でふさいで、時計皿に立てて水銀のなかに沈め、指を離すと、水銀が下がって76cmに下がって止まることを、見せてくださいました。その試験管の中が、真空で、トリチェリーの真空とよばれます。9クラスでそれを見せて回った後、次の週には、その先生の右手が、茶色に変色して、いくら洗っても色が取れなくなっており、ご自身の安全に心配されていました。

また、あらゆる種類の悪性腫瘍に、正常細胞の数千倍もの水銀が含まれていることも、わかっています。
もしかしたら、悪性腫瘍の発生の引き金を引いているのが水銀である可能性さえ疑われています。
また、アマルガム充填のあるアトピー患者様300人のアマルガムを除去して、1年後に調査したところ、68%の方のアトピーが、自然治癒していたという報告もあります。
アマルガムは、腐食したり、欠けやすいので、詰めてから年月が経ったアマルガムは、その境目からむし歯が再発することがよくあります。

当院では、三十数年前から、むし歯を削った後の詰め物に、危険なアマルガムを一切、使わないことを決断し、劣化して腐食しているアマルガムの慎重な除去も積極的に行なっています。

実は、患者様にとっても、歯科従事者にとっても、除去する時が一番危ないのです。(飛散、蒸発するからです。)

スウェーデンではアマルガムの除去の際に、摩擦熱で蒸発する、わずかな水銀の蒸気を肺から吸入することの危険性が問題視されて、アマルガムの除去は、1か月に3個以下にするように制限されているそうです。

金属も熱で蒸発するのです!
水が蒸発するように、鉄でも水銀でも、温度により蒸発します。
鉄の電気溶接のとき、煙と特有の臭いがするのに気が付きませんでしたか?それが鉄の蒸気の臭いです。

当院では、アマルガム除去の際は、
①:患者様が削片を嚥下しないために、ゴムのテント(ラバーダム)をした上で、
②:その際、発生する水銀蒸気が皆様の肺に入らないために、マスクを付けていただいて、さらに、お口のそばで、掃除機のような強力な吸引機で、水銀蒸気を吸引しながらおこなうことを、お約束いたします。

(もちろん排気は屋外に排出しています。)  除去のときが一番危ないので、慎重な除去をおすすめいたします。

数年来、舌がしびれるような違和感があり、味覚がおかしくなっておられたお医者様が、私の勧めで、アマルガムを慎重に除去した後、1~2か月で、完治なさいましたことも、経験いたしました。「患者さまの声」の欄参考。

気になる方は、一度ご相談ください。

ハニ・イイワヨ 予約優先 訪問診療可 TEL 079-282-1104 08:30~12:30 / 13:30~17:00 木曜・日曜・祝祭日を除く

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Copyright © 藤原歯科クリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.