藤原歯科2階のコンサートに通っておりました。

「最近、舌がピリピリするし、味がわからなくなってきた」と、雑談していましたところ、藤原先生に、アマルガムが入っていませんか? と聞かれて、見てもらいました。
3本の奥歯に入っておりました。ラバーダムをかけて大きな掃除機のような吸引機を顔の前に近付けて、削る時はなるべく息をとめて、アマルガムを除去していただきました。

アマルガムをけずって外す時に、摩擦熱で水銀が蒸発して、肺から体に侵入します。実は、アマルガムは、詰めるときよりも、外す時の方が危ないのです。整った設備の所で、注意して除去してください。

2週間後、ピリピリ感は消えて、少し違和感が残るだけになって、胃の調子も良くなっていました。後で調べたら、スズ、プラチナにアレルギーがありました。
スズは、アマルガムの2番目に多い成分だそうです。1番目に多い水銀の検査はしていません。

匿名希望・医師  60歳  #1790